夢を形にしたきっかけ

-はじめに-
 こんにちは、hiro(ヒロ)健作と申します。今日は、健作堂をつくったきっかけ、
そして、私自身が伝えたいと思っていることをお話しします。


-単調で退屈な日々-
 私は、かつての父と同じ地元大企業の一社員として入社しました。始めは小さな営業所で
職場の雰囲気も何とか慣れ、みんなと打ち解けソコソコ楽しくやっていました。ところが月日
がたつうちに、より重要なポスト、本当は向いていない職種に回されるようになって行きました。

「本当は、人と和気あいあいと打ち解けて話したい、楽しく仕事をしたい。
お客さんと友人のようにざっくばらんに話す仕事をしたい」という気持ちとは裏腹に、
単調な事務作業を黙々とこなすということをやり続けていました。


そうこうするうち、時は過ぎ、
「はたしてこのまま人生を終えてしまっていいのだろうか?」という想いがふつふつと湧いてきました。どうにも抑えられないこの気持ち、一体どうしたらいいんだろう」と思うようになりました。

「これって自分らしく生きているんだろうか?本当にやりたかったことは、これではないんじゃないか?自分のよさを生かしていないんじゃないか?人生の大部分を占める仕事の時間をこんなにつまんなく過ごしていいのだろうか?」という疑問を抱えたまま、仕事を続けていたのです。それはいわば、合わない服を必死に着ようとしているようなものでした。


-人生を変えた出逢い-
 周りの人たちも同じような気持ちでした。でも給与、休暇など待遇面では、非常に恵まれて
いたので「したいことをしてお金を稼げるなら苦労はないよ」と半ばあきらめ顔で私に忠告して
きました。「そんなことはない、好きなことをして、楽しく、豊かな人生を生きている人たちは、
きっといるハズだ」と信じ、夢を形にして行く道を探し求めていました。


そんなある日のこと、私の人生を変えてくれた師(メンター)との出逢いがありました。彼は、
私に眠っている可能性、すばらしさ、人生を生きる知恵などを教えてくれました。そして、
その後もいろんな教えを学び、理想の人生へ一歩一歩近づいて行きました。


-理想の人生とは-
 私は、誰にでも眠っている才能、ピカっと光る魅力、よさ、すばらしさ、可能性があると信じて
います。ですが、その引き出し方がわからないために、本当はやりたくないことを延々とし
続けたり、ムリに頑張ったりしているように思います。もし、理想の人生を選ぶことができる
としたらどんなにワクワクすることでしょう。好きな人と、好きなときに、好きなことを、好きな
場所で、やれるとしたらどうでしょう?


 「えー、そんなのアリ?」と思うような人生を歩んでいる人たちを見たとき、自分の固定観念
が崩れて行きました。その人たちに「どうしてそんなことができるのですか」と尋ねると、
「ほとんどの人は自分の才能、魅力、よさを使っていない」と答え、「キミにも人を楽しませる、
和ませる、新しい魅力を発見する才能があるじゃないか」と言うのです。そう言われてみれば
ふとしたとき、人のキャラを演じてみせて、その人のよさをグっと、上げたことが数多くあり
ました。


-健作堂の誕生-
 元々、人のキャラを真似ることが大好きで、演じることでその人の魅力をクローズアップして
いた私は、どうしたら、その人自身が自分の才能や魅力に気づけるのかを考えました。そして
演劇型ワークをビジュアルに取り入れたり、やさしさときびしさの両面から強くなって行く、
癒しのワーク、辛しのワークなどを取り入れることで、人生を楽しみながら、夢を形にして行く
道のりを伝えて行けることを知りました。


 健作堂では、人生を楽しむ、夢を形にして行くことをテーマにいろんな形で情報を発信して
行きます。ワインの楽しみを伝えている友人、フラメンコの情熱を伝え、スペインへ渡る友人、
伝統芸能を生で伝える音楽家、ライフワークをコーチしてくれる友人、毎日を遊んで暮らし
ながら、経済的に自由な旅人、ITを職人のように使いこなす達人など、ワクワクしながら
自分らしく人生を楽しむ道をお伝えして行きます。では・・・

                                                 hiro健作

 
[PR]
by kensakudo | 2005-09-18 05:45 | 夢を形にしたきっかけ
<< 健作堂がプロデュースするセミナ...